真鍋かをりさんと城内実氏の見解の違い: 芸能ニュース五郎日記

2009年07月30日

真鍋かをりさんと城内実氏の見解の違い




真鍋かをりさんがブログでポスターを勝手に使われたと怒っていますね。
一方真鍋さんの写真を使った城内実氏は許可を取ってるからポスターはそのまま使いますとブログで言っています。
どちらも正しいのかもしれませんね。
真鍋さんは直接は言われてないだろうし、城内氏は真鍋さんの事務所に許可をとったのでしょう。
城内氏はポスターを使うのをやめるのが一番です。
真鍋さんの写真を使ったからといって票がのびるとは思えません。
事務所には許可はとったけど本人が嫌ならとりやめますって言えば良いと思います。
城内氏は思わぬイメージダウンですね。

眞鍋かをりさん激怒「応援してない!」のに選挙ポスター掲載
衆院選静岡7区からの立候補を表明している城内実氏(44)=無所属=のポスターに写真が掲載されているタレント・眞鍋かをりさん(28)が、29日付のブログで「その方とは全く関係ございません。困惑しています」とコメントしている。当の城内氏は「了解をいただいているし写真も送っていただいた。選挙前の時期だけに困惑しています」と反論。フジテレビは、30日の番組での眞鍋さんの出演を見合わせるとしている。

 眞鍋さんは、29日付の自身のブログで「選挙ポスター掲載の件」と題し「候補者の方と私が一緒に写っている写真が使われていますが、その方とは全く関係ございません。困惑しています」と述べている。

 さらに「私は特定の政党や政治家の応援はしていませんし、応援コメントも出していません。何故このような使われ方をしたのか確認して対処したいと思います」と憤りをあらわにした。所属事務所は「全く聞いていないので、コメントできない」としている。

 一方、城内氏は「(眞鍋さんの)所属事務所の方に(ポスターに掲載する)了解をいただいている。写真も送っていただいた。全く釈然としない話です。選挙前の時期だけに困惑しています」と反論した。選対事務所によると、眞鍋さんとは約1年前にホームページに掲載する対談を行ったという。「非常に会話も進み、城内の考え方にも共鳴していただいた」(選対関係者)。

 ただし、ポスターに記載している演説会への参加については「後ほど依頼する予定だった」としている。城内氏サイドでは、あくまでも了解を得た上で掲載したとし「ポスターを撤去するつもりはない」という。

 ポスターの存在を知ったフジテレビは、眞鍋さんがレギュラー出演する情報番組「とくダネ!」の30日放送分への出演を見合わせる決定をした。選挙前の時期に、特定の政党や候補者を支持する者の出演は放送倫理にかかわってくるだけに、フジテレビ広報では「所属事務所と話し合い、とりあえず明日の出演を見合わせることにしました」と説明している。

 静岡7区は、4年前の郵政選挙と同じ構図のまま、城内氏と自民党の片山さつき氏(50)が激しい選挙戦を展開している。それだけに一部関係者からは「片山陣営が(テレビ局に)働き掛けたのではないか」とする声も上がった。しかし、片山氏側では「選対会議などで城内氏のポスターについて話題に挙がることはあったが、そのようなこと(働きかけ)などはない」と否定している。

 公職選挙法では、衆議院任期満了6か月前から候補者単独のポスターを張ることが禁止されているため、候補者は演説会の告知などとして、党首や人気議員らとのツーショットを掲載するのが通例。今回のようにタレントや著名人を起用するケースも見られるが、弁士と称しても実際には演説会などは開催されないことが多い。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090730-00000049-sph-soci



posted by ゴロウ at 20:01 | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
TOPへもどる
ブログパーツ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。