子ども手当の試算について: 芸能ニュース五郎日記

2009年09月06日

子ども手当の試算について




妻が専業主婦で年収1500万円、高校生(または大学生)3人の子供がいる世帯では負担が41.5万増えるとの試算ですが間違ってると思います。
高校は実質無料化すると民主党は言ってるので。
民主党の政策の中で子ども手当だけはよい政策だと思います。
この位ばら撒かないと出生率は伸びないでしょうから。
民主党は来年の参議院選挙まではしっかりやってくれると思います。
それ以降はとても心配ですね。


「子ども手当」家計への影響 損得、120万円の差
東レ経営研究所が4日、民主党政権の「子ども手当」の家計への影響について試算し、最も得をするのは「共働きで年収300万円、中学生2人と小学6年以下の1人の子供がいる世帯」で、年79・2万円のプラスになった。逆に、「妻が専業主婦で年収1500万円、高校生(または大学生)3人の子供がいる世帯」は最も負担が増え、年41・5万円のマイナスで、約120万円もの差が出た。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090905-00000078-san-bus_all



posted by ゴロウ at 08:45 | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
TOPへもどる
ブログパーツ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。