新垣結衣連続ドラマ初主演作の初回視聴率は14.6%: 芸能ニュース五郎日記

2011年07月12日

新垣結衣連続ドラマ初主演作の初回視聴率は14.6%






新垣結衣は初主演ドラマだったんですね。
月9で平均視聴率は14.6%はどうなんでしょう??
前田敦子主演ドラマよりは良いみたいだけど。
前期の月9の香取慎吾主演、幸せになろうよの初回平均視聴率は
16.4%ですが2話目に11.9%と大きく視聴率を落としています。
次回視聴率が見ものです。
〔以下引用〕
女優の新垣結衣さん(23)が主演するフジテレビ系の月9ドラマ「全開ガール」の初回が11日放送され、平均視聴率は14.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

【写真特集】新垣さんが「全開ガール」で見せたウエディングドレス姿

 ドラマは、新垣さんの連続ドラマ初主演作で、新垣さんは初の弁護士役と初のラブコメディーに挑戦している。男性アイドルグループ「NEWS」「関ジャニ∞」メンバーの錦戸亮さん(26)が演じる子育てを楽しむ“イクメン”との痛快ラブコメディー。脚本はドラマ「美女か野獣」「働きマン」の吉田智子さん、演出はドラマ「カバチタレ!」「のだめカンタービレ」の武内英樹さんが手がけた。

 第1話は、就職予定だった外資系弁護士事務所の日本撤退が決まり、昇子(薬師丸ひろ子さん)の弁護士事務所に入社することになった若葉(新垣さん)。昇子から娘・日向の世話係を任せたいと言われ、驚く昇子だったが、断ることができず、日向と対面して保育園へ向かう。するとそこには若葉が前日に痴漢と勘違いした男・草太(錦戸さん)が子供を連れて来ていた。若葉はそこで「“イクメン”という生産性のない男があふれたら、日本の経済はだめになる」と言い放って立ち去る……という物語で、15分拡大版で放送された。(毎日新聞デジタル)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110712-00000007-mantan-ent





posted by ゴロウ at 14:43 | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
TOPへもどる
ブログパーツ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。