スピード婚の高嶋政伸わずか3年の結婚生活で離婚へ: 芸能ニュース五郎日記

2011年07月13日

スピード婚の高嶋政伸わずか3年の結婚生活で離婚へ





知り合ってから半年で結婚した高嶋政伸が離婚するようです。
やはりスピード婚は離婚率が高いのでしょうか??
お互いもっとよく知ってから結婚するべきですね。
〔以下引用〕
2008年9月に結婚した俳優・高嶋政伸(44)と妻でモデルの美元(みをん、32)が離婚することが12日、スポーツ報知の取材で分かった。関係者の話では、価値観の違いや性格の不一致で2人は昨夏から別居状態が続いており、修復は困難な状態。現在、双方が代理人を立てて話し合いに入っているという。政伸は周囲に「多くの方に祝福してもらったのに、こんなことになってしまって申し訳ない」と漏らしており、苦渋の末の選択だったようだ。

 おしどり夫婦のお手本でもあった政伸の両親、高島忠夫(80)、寿美花代(79)のような仲むつまじい夫婦生活を送ることはかなわなかった。

 放送関係者によると、政伸が家を出る形で美元とは昨年8月頃から別居が続いている。それまで約2年間、一緒に暮らしてきたが性格の不一致や考え方の相違が膨らみ、互いに修復できない溝ができてしまったという。

 その後、双方の代理人で離婚調停に入ったが決着せず、今年になって裁判に入っており現在、係争中にある。美元は今年5月中旬のブログの中で「この街で暮らした2年半、思い出せないくらい、たくさんのことがあった」と、愛の巣からの引っ越しを済ませたことをつづっており、別居をほのめかしていた。

 2人はドラマの共演で知り合い、交際申し込みから7日目でプロポーズし、知り合って半年でゴールインというスピード婚だった。結婚発表会見で政伸が「若いのに真剣に仕事に向き合っていた。この人すてきだな、かわいいなと思った」と言えば、美元も「趣味も好きな食べ物も似ていて今では自分の分身ではないかと思える」と話すなど、幸せいっぱいの様子を見せていた。

 それが、約2年の同居生活の中で価値観の違いが広がっていくばかりで、夫婦でいることに疑問を感じ始めた。政伸は650人に祝福され、盛大な結婚披露宴を行っただけに最悪の状態は避けたかった。

 親しい関係者には「あんなに祝福してもらったのに申し訳なさでいっぱい」と漏らすなど、悩んだ末の結論だったようだ。政伸が所属する事務所は「まだ答えられる状態にない」と話しており肯定も否定もしていないが、離婚は決定的だ。

 ◆高嶋 政伸(たかしま・まさのぶ)1966年10月27日、東京都生まれ。44歳。成城大卒。88年、NHK連続テレビ小説「純ちゃんの応援歌」で俳優デビュー。90年、主演ドラマ「HOTEL」は2002年まで放送される人気シリーズに。主な作品に「こちら本池上署」「臨場」。趣味は映画観賞、ジャズ・ドラム。特技はスキューバダイビング、水泳。身長180センチ。血液型B。

 ◆美元(みをん)1979年6月29日、東京都生まれ。32歳。父親は日本人で母親が韓国人。9歳時に母親が他界し、父、兄の3人で暮らす。2000年準ミス・ユニバース・ジャパン受賞。主にモデルとして活動。



posted by ゴロウ at 14:50 | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
TOPへもどる
ブログパーツ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。