女子ワールドカップ優勝なでしこジャパン佐々木監督「笑いが止まらなかった」: 芸能ニュース五郎日記

2011年07月19日

女子ワールドカップ優勝なでしこジャパン佐々木監督「笑いが止まらなかった」





なでしこジャパン佐々木則夫監督(53)、大会MVPと得点王に輝いたキャプテンの澤穂希(32)などが都内のホテルで喜びの帰国会見を行ったとの事
人気ブログランキングへ


ブログランキングのブログん家

〔以下引用〕
佐々木監督「PK戦の前は笑いが止まらなかった」=なでしこジャパン帰国会見
サッカーの女子ワールドカップ(W杯)で初優勝した日本女子代表(なでしこジャパン)は19日、都内のホテルで帰国会見を行った。会見には佐々木則夫監督、大会MVPと得点王に輝いたキャプテンの澤穂希をはじめ全21選手が登壇。選手は全員が金メダルを掛け、W杯制覇の喜びを語った。
 以下は、佐々木監督の会見での冒頭コメント。

「日本の皆さんがなでしこのことを応援してくれているのは現地ドイツでの報道を通じてよく分かっていました。勇気と感動を与えることができたと思います。チーム一体となって選手たちが偉業を成し遂げてくれました。9月から五輪予選が始まるが、これに浮かれることなくしっかり足場を固めていきたいと思います。

(PK戦前に笑顔が出ていたが)米国は勝ったと思っていただろうけど、われわれにとっては天からの恵みみたいな展開になったので、笑いが止まらなかったんですね。ギャグをやりたかったぐらいでした(笑)。熊谷だけ4番手と言ったら顔がひきつっていましたけど。澤は『わたしは絶対嫌だ』って言ってたんで、それすらも笑いにしちゃいました。

(今後について)わたしは北京五輪の4位という成績がすごく悔しかった。次のロンドン五輪でメダルを取ることを目標にしていましたけど、その前にW杯で取ることができました。とはいえ、ロンドンでメダルを取るという目標については変わりません。ロンドン五輪後にもまたこのような場を設けていただけるようにしたいですね」
〔スポーツナビ〕



この監督のポジティブさが、なでしこジャパンを優勝にみちびいたのかもしれませんね。
メンタルが大事です。
ともかく優勝おめでとうございます。



posted by ゴロウ at 22:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
TOPへもどる
ブログパーツ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。