氷室京介全編BOOWYチャリティライブの収益6億6922万を寄付!: 芸能ニュース五郎日記

2011年09月29日

氷室京介全編BOOWYチャリティライブの収益6億6922万を寄付!





BORDERLESS(初回限定)
氷室京介(50)が6月に東京ドームで二日間にわたって行われた全編BOOWYチャリティライブの収益金6億6922万940円を東日本大震災の被災地福島県、宮城県、岩手県の三県に寄付したとの事→ranking

[以下引用]
氷室京介 総額6億超のチャリティ公演の収益金を東北3県へ
6月11・12日と2日間に渡り、東京ドームで行われた氷室京介のチャリティライブ。その収益金全額が「寄付金または義援金」として岩手、宮城、福島の3県へ寄付された。

 BOφWYの楽曲が全編にわたって披露された、先の公演【東日本大震災復興支援チャリティライブ KYOSUKE HIMURO GIG at TOKYO DOME “We Are Down But Never Give Up!!”】は、各日5万5千人、総動員数約11万人を記録。チャリティライブとしては国内史上最大規模のオーディエンスを集めていた。

 オフィシャルによると、その収益金(コンサートグッズ販売利益含む)の総額は669,220,940円。これを均等に配分し、各県223,073,646円ずつ寄付したことが発表されている。なお、寄付贈呈はロサンゼルスに居住する氷室の代行役として、同じ志のもとプロジェクトに賛同し、ライブ当日も密着レポートを行った日本テレビ「NEWS ZERO」のスタッフとキャスター 村尾信尚が各県庁舎を訪問。ファンから寄せられた多くの想いと共に、各知事へと託されている。

◎9月12日(月)福島県知事へ贈呈 223,073,646円
「義援金」および「東日本大震災ふくしまこども寄付金」
(震災で親を亡くしたり、原発問題で移動を余儀なくされ、苦しむ子供たちのための基金)として役立てたい。

福島県 佐藤雄平知事より
まずは、被災なさって非常につらい状況でいる皆さん、そして、次の福島を担う未来の子供たち、そういう育成に使わせてもらったらありがたいなと思います。

◎9月25日(日)宮城県知事へ贈呈 223,073,646円
「寄付金」として、県が行う災害復興対策事業(産業復興、地域医療復興など)に充当したい。

宮城県 村井嘉浩知事より
義援金は、被災者の皆様にそのままお渡しするお金とさせていただきたいと思います。
寄付金は税金としてなかなか支援できない部分に当てさせて頂こうと思います。
具体的には、津波で流されてしまった、個人の民間の病院、診療所、福祉施設こういったようなものを再建することに対して国の補助率が非常に低いものですからそれの上乗せという形で補助金等を乗せて支援するということに使わせて頂こうと思っています。大変ありがたいです。

◎9月26日(月)岩手県知事へ贈呈 223,073,646円
「いわての学び希望基金」(津波・震災孤児等の支援)として活用したい。

岩手県 達増拓也知事より
今回の大震災で、子どもたち、小中学生は学校にいて親御さんたちは家や町にいて、バラバラでいた中で、親御さんが亡くなってしまい、子どもたちが残されたケースがかなりありまして、岩手県ではいわての学び希望基金という、親御さんを失った子どもたちに奨学金を出していくための基金を作ってありますので、そこに活用させて頂きたいと思います。
[HOT EXPRESS]

“LAST GIGS”COMPLETE

6億6922万とは凄い金額ですね。
思ってた以上に収益をあげてますね。
チャリティライブって事でお客さんがグッズなどを大量に購入したって事でしょうか。
こういう風にきちんと報告してもらうと東京ドームにライブを見に行った人もすっきりするんではないでしょうか。
すばらしい企画だったと思います。
チケットを取れなかった人も沢山いるので来年またやってくれたらいいですね。



posted by ゴロウ at 22:21 | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
TOPへもどる
ブログパーツ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。