三谷幸喜が宅麻伸に離婚の先輩としてアドバイス!!: 芸能ニュース五郎日記

2012年02月14日

三谷幸喜が宅麻伸に離婚の先輩としてアドバイス!!





シアターガイド 2012年 01月号 [雑誌]
三谷幸喜(50)が先日離婚した宅麻伸(55)と賀来千香子(50)について意見を求められ離婚の先輩として宅麻伸にアドバイスを送ったとの事→ranking

[以下引用]
<三谷幸喜>宅麻伸へアドバイス「早く忘れて前に進みましょう」
脚本家で演出家の三谷幸喜さんが13日、シネコン「チネチッタ」(川崎市川崎区)であった「第66回毎日映画コンクール」(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催)の表彰式に出席。バレンタインデーについて聞かれた三谷さんは「独身だからいただけるものはいただきたい。予定はないけれど寂しくなんかないよ、仕事があるから」と強がって見せ、宅麻伸さんと賀来千香子さんの離婚へのコメントを求められると自ら「やっと忘れられたと思ったのに蒸し返さないでください」と報道陣に抗議。宅麻さんへは「早く忘れて前に進みましょう」とアドバイスを送った。

 映画「ステキな金縛り」で同コンクールTSUTAYA映画ファン賞日本映画部門を受賞した三谷さんは「ファンが選んでくれたということでどんな賞よりうれしい」と感激しきり。早くも次作を準備しているといい「最高傑作は次です」と明かした。三谷監督は「日本人が作ったコメディーを世界に見せたい。オスカーとかもらえたらうれしい」と夢を語った。

 また、「冷たい熱帯魚」(園子温監督)で男優助演賞を受賞したでんでんさんとともに取材を受けた三谷さんは「大学出たての時、でんでんさんに自分が書いたものを見てもらったりしていた。同じ表彰式に出るとは思わなかった」と感慨深げ。「飢餓海峡」の刑事役をやってみたいというでんでんさんに「一緒にやりますか」と持ちかけ旧交を温めていた。

 「ステキな金縛り」は、失敗続きで後がない弁護士・エミ(深津絵里さん)がある殺人事件を担当するところから始まるコメディー。被告人(KANさん)は、事件当夜に旅館の一室で金縛りにあっていたことをアリバイに無実を主張するが、無実を証明できるのは一晩中、被告人の上にのしかかっていた落ち武者の幽霊・六兵衛(西田敏行さん)だけ。エミは六兵衛に会い、彼を証人として法廷に召喚するが……というストーリー。
[まんたんウェブ]

監督だもの

三谷幸喜は小林聡美と離婚した事を2011年5月23日に発表しましたが熟年離婚が流行ってますね。
三谷幸喜はこれから誰かが離婚するたびに意見を求められそうですが…。
芸能人は離婚もネタにしないといけないから大変ですよね。

できちゃった婚と熟年離婚が今年も芸能界で流行りそうですね。



posted by ゴロウ at 22:05 | 離婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
TOPへもどる
ブログパーツ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。