KAT-TUN6作連続アルバム1位も売上はジャニーズ最下位!?: 芸能ニュース五郎日記

2012年03月02日

KAT-TUN6作連続アルバム1位も売上はジャニーズ最下位!?





CHAIN(初回限定CD+DVD)
KAT-TUN6枚目のアルバム『CHAIN』がオリコンCDアルバム週間ランキング1位を獲得し6作連続アルバム1位という歴代新記録を達成したが実際の売り上げは最近のジャニーズアルバムの中で最下位との事→ranking

[以下引用]
KAT-TUNニューアルバムが歴代新記録達成! でも喜べない事情とは?
2月22日にリリースされたKAT-TUN6枚目のアルバム『CHAIN』が3月5日付のオリコンCDアルバム週間ランキング1位をゲットしたことが分かった。

 これで、KAT-TUNは2006年に発売された初のアルバム『Best of KAT-TUN』以降、6作連続でウィークリー首位に輝いたこととなる。マスコミは「男性アーティストでは初」「チェッカーズらの5作を塗り替え歴代新記録」などと華々しく報じ、KAT-TUNの変わらぬ人気を強調したが、実際のところはどうなのだろうか?

(画像はこちら)

「まず、今回のアルバムは初週11.0万枚を売り上げましたが、これは前作の『NO MORE PAIN』を4万枚以上下回る数字。この流れでいくと、次作は10万枚を切るのでは? とも言われています」(ジャニーズに詳しい記者)

 ファーストアルバムの55.7万枚は別格としても、2枚目以降は、27万枚→24万枚→20万枚→15.4万枚→11万枚......と、着実にアルバムの売り上げが減少しているKAT-TUN。

 参考までに、昨年からのジャニーズアルバム初週売り上げをチェックしてみると、まだまだ波にのる嵐の10thアルバム『Beautiful World』(昨年7月発売)は63.1万枚を記録。以下、SMAP『SMAP AID』(昨年8月発売)は28.3万枚、関ジャニ∞『FIGHT』(昨年11月)が25.4万枚、KinKi Kidsの『K album』(昨年11月発売)が15.2万枚と続き、最近発売されたなかではKAT-TUNは残念ながら最下位ということになる。

 「特典や◯種売り、みたいな売り方をせず、潔くやってこの枚数なら健闘したほうだと思う」と評価する声もあるが、同アルバムを引っさげ開催されているツアーも、2月29日の時点で3月2日〜4日開催の京セラドーム大阪のチケットがいまだJticketで取り扱われるなど、人気の低迷は浮き彫りになっている。

 赤西の脱退により、メンバー、そしてファンとの結束もより強くなったKAT-TUN。数字に左右されない固い絆を現在公演中のコンサートでファンに見せて欲しい。
[サイゾーウーマン]

CHAIN

赤西仁の脱退の影響がまだ残ってるんですかね。
赤西仁のできちゃった婚でカトゥーンが取り上げられる事があっても他ではあまり話を聞きませんね。
イメージがファン以外にはあまり良くないのかもしれませんね。
熱狂的なファン以外の一般の人に売れないと売上は伸びませんからね。

亀梨和也以外のメンバーの活躍が必要な気がします。

今回のアルバム「CHAIN」に込められたファンとの絆でがんばって欲しいです。



posted by ゴロウ at 21:32 | Comment(0) | ジャニース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
TOPへもどる
ブログパーツ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。