小栗旬主演の月9ドラマ「リッチマン、プアウーマン」初回視聴率は13・9%: 芸能ニュース五郎日記

2012年07月10日

小栗旬主演の月9ドラマ「リッチマン、プアウーマン」初回視聴率は13・9%





役所広司/小栗旬 キツツキと雨
小栗旬(29)主演の石原さとみ(25)との格差ラブストーリーを描いたフジテレビ系月9ドラマ「リッチマン、プアウーマン」の初回平均視聴率が13・9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが10日、分かったとの事→ranking

「以下引用」
9日にスタートした小栗旬(29)主演のフジテレビ系連続ドラマ「リッチマン、プアウーマン」(月曜後9・00)の初回平均視聴率が13・9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが10日、分かった。初回は15分拡大で放送された。

 学生時代から趣味のようにやっていたサイト運営で億万長者になったIT企業の社長・日向(小栗)。就職難に苦しむ東大理学部4年生が、ひょんなことから日向の仕事を手伝うようになることから始まる、リッチな社長と女子大生のシンデレララブストーリー。小栗にとって、同枠の出演は09年10月期の主演作「東京DOGS」以来3年ぶり。共演は、ヒロインの東大生・千尋を演じる石原さとみ(25)のほか、会社の共同経営者・朝比奈を演じる井浦新(37)、朝比奈の妹で恋心を寄せる燿子を演じる相武紗季(26)ら。

 初回は、今では時価総額3000億円とも言われるIT企業の社長・日向徹(小栗)は、相棒の朝比奈(井浦新)と大学在学中の8年前に会社を起こし、瞬く間に会社を大きくしてしまった時代の寵児。そんなある日、東京大学理学部にして内定ゼロという就職活動に苦しむ女子大生の千尋(石原)が、徹たちの会社の会社説明会に現れた。説明会で千尋から内定ゼロという事実を聞かされた徹は、学歴と能力は比例しないと切り捨てて…という展開だった。

 前クール(4〜6月)の同枠ドラマ「鍵のかかった部屋」(大野智主演)の初回は18・3%だった。
「スポニチアネックス」

小栗旬 TAJOMARU(初回生産限定)

東大生なのに40社も受けてひとつも内定もらえないなど設定に多少の無理はあるような気はしますが初回はわりと面白かったですね。
澤木千尋という名前が今の所キーワードとなっているようです。
最後まで見た人は来週どうなるんだろうって思ったはずです。
ただのラブストーリーかと思ったらミステリーの要素も含んでいるようです。

現代版プリティウーマンと呼べる作品になるとの事なので石原さとみがどんどん綺麗になって成長していくんでしょうね。
小栗旬は金持ちとか仕事が出来る人等の役がよく似合いますね。

初回視聴率が13.9%とは意外に低い数字ですね。
小栗旬、石原さとみ、相武紗季ではこれぐらいになってしまうんですかね??
みんな裏番組のしゃべくり007を見てたんですかね??
2話以降どんどんリッチマン、プアウーマンが面白くなっていけば視聴率も上がっていくでしょう。
初回が最高視聴率にならない事を願うまでです。

ネット上では「小栗はGTOに出るべきだった」「設定に無理がある」「最後はビックリだったな これは毎週観る予定になった」「結構番宣してたのにこの数字って 」「このドラマのモデルはサイバーエージェントか?
女が可愛い子ばかりというのでそんな連想した 」「東大の理系の時点で就職難とはそうそう関係ないと思うんだが...」
など色々意見が出ています。
なにはともあれ来週が楽しみですね。




posted by ゴロウ at 20:14 | Comment(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
TOPへもどる
ブログパーツ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。